(公益法人)電子申請システムにおけるエラーコードについて

東京事務所0422-71-5133大阪事務所06-6260-7880

TOKYO OSAKA

(公益法人)電子申請システムにおけるエラーコードについて

(公益法人)電子申請システムにおけるエラーコードについて

(公益法人)電子申請システムにおけるエラーコードについて

 公益法人及び公益目的支出計画を実施中の一般法人(移行法人)におかれましては、事業年度経過後3ヶ月以内(6月末)の提出期限に向け、定期提出書類の作成準備を進められていることと思います。

 新システムにおいては、オフラインで作成した申請様式(ワード、エクセル)をシステムにアップロードした上で、「様式チェック」を依頼して、エラーがない状態となってはじめて、申請書類の提出が可能となりますが、この際のエラーを解消するのに苦心されている方も多いのではないでしょうか。

 よくあるエラーとして、「A00500」が挙げられます。このエラーは、「実在する日付を半角数字で入力してください。」という意味を示すエラーコードです。

 旧システムで作成された平成29年度の定期提出書類のデータを流用して定期提出書類を作成する場合、日付形式で入力される部分がエクセル上、文字列と認識されてしまうことによってエラーとなるようです。

 具体的には、公益法人であれば、「別紙1」の「1.法人の基本情報について」の設立登記日、移行法人であれば、「別紙2」の「公益目的支出計画の完了予定事業年度の末日」の箇所が西暦表示になっていないかご確認ください。


 西暦表示になっているようであれば、一度、該当セルを選択し、enterキーを押して頂くと、和暦表示になるはずです。その上で、「様式チェック」を再度、実施して頂ければ、エラーは解消しますので、お試し頂ければと思います。

  

 公益法人の会計、監査等のご相談は公友監査法人へ。

お知らせ一覧に戻る