「公益法人information」新たな電子申請システムの稼働について

東京事務所0422-71-5133大阪事務所06-6260-7880

TOKYO OSAKA

「公益法人information」新たな電子申請システムの稼働について

「公益法人information」新たな電子申請システムの稼働について

「公益法人information」新たな電子申請システムの稼働について

 「公益法人information」電子申請システムの新システムへの切り替えについては、当初の予定から延期されていたところですが、去る平成30年12月25日に新システムが稼働しました。新システムでは、オフライン様式(Excel、Wordファイル)をダウンロードし、入力を完成した後、システムにアップデートする形に変更になっています。

 オフライン様式においては、個別のファイルが提供されている下記の様式を除き、複数の申請様式を単一のExcelのBookで作成するようになっています。

(公益法人)

別紙3 2(1)

公益目的事業について

Word、Excel

別紙3 2(2)

収益事業について

Excel

別紙3 2(3)

その他の事業(相互扶助等事業)について

Excel

別表B(2)

土地の使用に係る費用額の算定

Excel

別表B(3)

融資に係る費用額の算定

Excel

別表B(4)

無償の役務の提供等に係る費用額の算定

Excel

別表C(3)

公益目的保有財産配賦計算表

Excel

別表C(4)

資産取得資金(公益、公益以外)

Excel

別表C(5)

特定費用準備資金(公益、公益以外)

Excel

別表F(1)

各事業に関連する費用額の配賦計算表
(役員報酬、給料手当)

Excel

別表F(2)

各事業に関連する費用額の配賦計算表
(役員報酬、給料手当以外)

Excel

(移行法人)

(1)

公益目的事業について

Excel

(2)

収益事業について

Excel

(3)

その他の事業(相互扶助等事業について)

Excel

 

 また、旧システムに入力された既存データの流用機能も備えられております。ただし、当法人で実際に旧システムに入力された既存データを流用したオフライン様式を確認したころ、すべての情報が完全に反映されているわけではありませんでした。
 なお、最も入力の分量が多いことが見込まれる「別紙3 2(1)公益目的事業について」の「事業の概要」及び「チェックポイントに該当する旨の説明」の部分の反映は行われていることを確認しました。

 新システムでは、申請書類をシステムにアップロードした後、システム上、自動的に行われる様式チェックで不備がないことを確認した上で、行政庁に提出するようになっています。

 本年度の定期提出書類の作成にあたっては、システムの操作方法が変わったこともあり、十分な時間的余裕をもって行う必要があります。

  

 公益法人の会計、監査等のご相談は公友監査法人へ。

お知らせ一覧に戻る

社会福祉法人制度改革への対応は万全ですか?

東京事務所

0422-71-5133

大阪事務所

06-6260-7880

ご相談・お見積りはこちら