東京事務所0422-71-5133大阪事務所06-6260-7880

TOKYO OSAKA

都市の人口の動きについて②

都市の人口の動きについて②

都市の人口の動きについて②

人口が少ない都市の状況

 総務省が公表している住民基本台帳人口より、都市(791市+東京23区=814団体)の人口の動きを調べてみました。第2回目の今回は人口が少ない都市の状況です。

表は、平成30年1月1日時点の住民基本台帳人口より、人口の少ない都市30団体(785位~814位)を抽出して、20年前(平成10年3月31日)の住民基本台帳人口と比較したものです。

(平成10年3月31日以後に市町村合併が行われた団体については、被合併自治体の平成10年3月31日時点の人口を加算して平成10年3月31日の人口を算出しています。)

順位

団体名

H30.1.1

(人)

H10.3.31

(人)

増減数

(人)

都道

府県

区分

前回順位

順位変動

備考

785

留萌市

21,757

29,305

▲ 7,548

北海道

776

▲ 9

786

飯山市

21,484

27,869

▲ 6,385

長野県

782

▲ 4

787

深川市

21,237

27,597

▲ 6,360

北海道

783

▲ 4

788

阿久根市

21,065

27,512

▲ 6,447

鹿児島県

785

▲ 3

789

美濃市

21,052

25,850

▲ 4,798

岐阜県

793

4

中部圏

790

宿毛市

20,943

25,440

▲ 4,497

高知県

794

4

791

えびの市

19,951

26,169

▲ 6,218

宮崎県

791

0

792

多久市

19,647

24,554

▲ 4,907

佐賀県

799

7

793

陸前高田市

19,553

27,095

▲ 7,542

岩手県

787

▲ 6

794

士別市

19,348

26,325

▲ 6,977

北海道

790

▲ 4

795

鳥羽市

19,239

26,399

▲ 7,160

三重県

789

▲ 6

中部圏

796

串間市

18,904

25,224

▲ 6,320

宮崎県

796

0

797

尾鷲市

18,351

25,372

▲ 7,021

三重県

795

▲ 2

中部圏

798

宮津市

18,324

24,599

▲ 6,275

京都府

798

0

近畿圏

799

津久見市

18,090

25,073

▲ 6,983

大分県

797

▲ 2

800

勝浦市

18,007

23,883

▲ 5,876

千葉県

800

0

首都圏

801

安芸市

17,736

22,518

▲ 4,782

高知県

803

2

802

熊野市

17,422

23,414

▲ 5,992

三重県

801

▲ 1

中部圏

803

砂川市

17,364

21,464

▲ 4,100

北海道

807

4

804

尾花沢市

16,589

22,897

▲ 6,308

山形県

802

▲ 2

805

西之表市

15,681

19,178

▲ 3,497

鹿児島県

810

5

806

垂水市

15,201

20,935

▲ 5,734

鹿児島県

808

2

807

珠洲市

14,752

22,234

▲ 7,482

石川県

804

▲ 3

808

土佐清水市

14,032

19,952

▲ 5,920

高知県

809

1

809

芦別市

14,014

22,136

▲ 8,122

北海道

805

▲ 4

810

室戸市

13,817

21,683

▲ 7,866

高知県

806

▲ 4

811

赤平市

10,464

16,812

▲ 6,348

北海道

811

0

812

三笠市

8,784

14,627

▲ 5,843

北海道

813

1

813

夕張市

8,362

16,392

▲ 8,030

北海道

812

▲ 1

814

歌志内市

3,408

6,461

▲ 3,053

北海道

814

0

※ 住民基本台帳人口(総務省)より公友監査法人が作成

※ 首都圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

※ 中京圏:岐阜県、愛知県、三重県

※ 近畿圏:滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県


 人口が最も少ない市(814位)は北海道の歌志内市で20年前と変わっていません。平成30年1月1日時点の人口は0.3万人で、人口が最も多い横浜市のおおよそ1000分の1です。811位から814位の赤平市、三笠市、夕張市、歌志内市の順位は20年前と変わっていません。これら4市は空知産炭地域とよばれる旧産炭地で、炭鉱の閉山により人口が急減している地域です。空知産炭地域にはそのほかに芦別市、上砂川町が含まれますが、芦別市も809位で人口の少ない市となっています。

 順位が最も下がったのは北海道留萌市で、20年前の776位から9ランク下がって785位となり、順位が最も上がったのは佐賀県多久市で、799位から7ランク上がって792位となっています。ただし、多久市も20年前よりも人口は減少しており、30市すべてが20年前よりも人口が減少しています。ちなみに、20年前より人口が増加しているのは713位の山梨県中央市までさかのぼります。(中央市の人口は30,816人で20年前の29,353人より1,463人増加しており、775位から62ランク上昇しています。)

 30市の内訳を都道府県別にみますと北海道が9市で最も多く、高知県4市、三重県3市、鹿児島県3市と続いています。三大都市圏でみますと三重県の3市を含む中部圏が4市(岐阜県美濃市、三重県鳥羽市、三重県尾鷲市、三重県熊野市)、首都圏は千葉県勝浦市、近畿圏は京都府宮津市が含まれています。三重県の3市は紀伊半島に位置し、京都府宮津市は日本海沿い、千葉県勝浦市は太平洋沿いで、いずれも三大都市圏の中心部から離れているのが特徴といえるかもしれません。

人口の少ない都市をみると次のことがわかります。

○ 以前より人口が少ない市は、この20年でさらに人口が減少している。

○ 三重県を除き、北海道、高知県、鹿児島県など三大都市圏から距離のある都道府県に人口の少ない市が多い。

○ 空知産炭地域の人口がさらに減少している。

○ 三大都市圏にも以前より人口が少なく、かつ現在も人口が減少し続けている市がある。

 

 人口の減少が続く都市では、財政状況の厳しさもより深刻さを増し、行政サービスを提供する職員の人数にも限りがあることから、多岐にわたる行政サービスを、その質を損なうことなく提供し続けていくことが大きな課題と思われます。

次回は、人口増加数が大きい都市、人口増加率が高い都市をお伝えします。

 

 地方自治体の会計、監査、経営管理、業務支援等のご相談は公友監査法人へ。

お知らせ一覧に戻る

社会福祉法人制度改革への対応は万全ですか?

東京事務所

0422-71-5133

大阪事務所

06-6260-7880

ご相談・お見積りはこちら

PICK UP NEWS一覧へ