社会福祉法人の監査なら非営利法人専門の公友監査法人

東京事務所0422-71-5133大阪事務所06-6260-7880

TOKYO OSAKA

社会福祉法人の方へ

社会福祉法人の監査及び支援業務

信頼と経験のある専門・公認会計士が初めての会計監査にも丁寧に対応します。

社会福祉法人最新情報

監査及び支援業務の概要

社会福祉法の改正により、一定の事業規模を超える法人に対して会計監査を義務付けることになりました。
ほとんどの対象法人においては初めての会計監査になることを配慮し、私たち監査法人は以下の視点で監査及び支援業務を実施します。

監査及び支援業務のスケジュール

社会福祉法人の会計監査において、予備調査を実施し、リスク・アプローチに基づく監査計画を策定の上、監査を実施いたします。
会計指導等支援業務においては、随時貴法人のニーズをお伺いした上で、私たちがご提供できるサービスのラインナップをご提案いたします。
私たちは、会計、経営管理、内部統制構築など、監査のみならずニーズに対応した幅広い支援をすることが可能です。

会計監査の流れ

  • 予備調査の実施
  • 監査計画の策定
  • 期首残高の妥当性の検証
  • 期中監査の実施
  • 期末監査の実施
  • 監査報告書の作成

支援業務の流れ

  • クライアントのニーズや要望のヒアリング
  • ゴール(期限と成果物)の設定と支援の手法を協議
  • 支援計画の策定、実行、進捗管理の実施
  • 最終の成果物の提供と報告
  • 支援業務のフォローアップ

社会福祉法人の抱える課題

初めてのことで
分からない
 

社会福祉法の改正に対応
しなければいけないのに、
日々の業務で手一杯

施設経営の基礎知識の
ある人じゃないと
安心できない

監査を受けるメリット・効果

決算書の信頼性を担保

研修や会計指導等の実施

法人の社会的信頼性アップ

内部管理体制の向上

社会福祉法人制度改革への対応は万全ですか?

東京事務所

0422-71-5133

大阪事務所

06-6260-7880

ご相談・お見積りはこちら

PICK UP NEWS一覧へ